ホーム > 中妻 雅彦

中妻 雅彦

名前 中妻 雅彦
カナ ナカツマ マサヒコ
 

プロフィール

1954年栃木県足尾町生まれ。東京都公立小学校教諭を経て、現在、愛知教育大学教育実践研究科(教職大学院)教授。教育方法学、教師教育学、社会科教育学。著書に、『スピーチ活動でどの子も伸びる』(ふきのとう書房、2003)『揺れる境界・国家・地域とどう向き合うか』(共著、梨の木舎、2009)『学力と教育課程の創造』(共著、同時代社、2013)『社会科教育』(共著、一藝社、2015)『小学社会』(共著、教育出版、小学校教科書)など。

このページのトップへ

著作一覧

「考える」社会科の授業

「考える」社会科の授業

教職大学院の成果を問う

著者:中妻 雅彦 編著
 
 

このページのトップへ