ホーム > 玄 吉彦

玄 吉彦

名前 玄 吉彦
カナ ヒョン ギロン
 

プロフィール

1940年韓国済州島生まれ。わずか8歳で済州四・三の残酷な現場を全身で体験した。 済州大学、成均館大学(修士)、漢陽大学(博士)にて学ぶ。済州大学教授を経て、漢陽大学で定年を迎えた。1980年に「現代文学」誌を通して小説執筆を始め、「竜馬の夢」をはじめとして10余巻の中短編小説集と、「漢拏山」をはじめとする数多くの長編小説を刊行したことが認められて、現代文学賞、大韓民国文学賞、緑園文学賞、キリスト教文学賞などを受賞した。現在、「平和の文化研究所」所長、学術教養誌『本質と現象』の発行人兼編集人の傍ら、小説執筆、研究を継続している。

このページのトップへ

著作一覧

島の反乱、一九四八年四月三日

島の反乱、一九四八年四月三日

四・三事件をめぐるもう一つの「真相」

著者:玄 善允
玄 吉彦
 
 

このページのトップへ