ホーム > 礫川 全次

礫川 全次

名前 礫川 全次
カナ コイシカワ ゼンジ
 

プロフィール

1949年生まれ。在野史家、歴史民俗学研究会代表。著書に『サンカと三角寛』『知られざる福沢諭吉』『アウトローの近代史』(いずれも平凡社新書)、『隠語の民俗学』『異端の民俗学』(いずれも河出書房新社)、『サンカと説教強盗』(河出文庫)、『史疑 幻の家康論』『大津事件と明治天皇』『日本保守思想のアポリア』(いずれも批評社)、『日本人はいつから働きすぎになったのか』(平凡社新書)、編著書に『タブーに挑む民俗学 中山太郎土俗学エッセイ集成』(河出書房新社)、『歴史民俗学資料叢書』(第Ⅰ期・第Ⅱ期・第Ⅲ期、各全5巻、批評社)など。

このページのトップへ

著作一覧

「ナチス憲法」一問一答

「ナチス憲法」一問一答

「ナチスの手口」わかりやすく検証する。

著者:礫川 全次
 
 

このページのトップへ