ホーム > 大杉 栄

大杉 栄

名前 大杉 栄
カナ オオスギ サカエ
 

プロフィール

1885~1923。香川県丸亀に陸軍軍人の長男として生まれる。名古屋陸軍幼年学校で上官に反抗して放校。東京外語学校在学中、幸徳秋水らの平民社に加わり、電車賃値上げ反対運動、赤旗事件などで数回投獄された。大逆事件後の「社会主義冬の時代」には、文芸・思想界の近代的自我覚醒の思想を批判しつつアナキズム思想を独特の形で深めた。また、個人の創造本能にもとづく労働者の自己解放の運動として労働運動をとらえ、日本のアナルコ・サンディカリズム運動の思想的指導者となった。その思想には、ヨーロッパのサンディカリズムやアナキズムの移入にとどまらない独自の深みがある。1923年、関東大震災の混乱の中で、憲兵大尉甘粕正彦により殺害された。

このページのトップへ