ホーム > グスタフ・ランダウアー

グスタフ・ランダウアー

名前 グスタフ・ランダウアー
カナ ランダウアー,G.(グスタフ)
 

プロフィール

1870年、南西ドイツのカールスルーエ近郊に生まれる。ドイツ・ロマン派、ニーチェ、プルードン、クロポトキンの影響の下に独特なロマン主義的分権・連合・協同社会の思想を展開し、ベンヤミンやフーバーらに影響をあたえた。1919年、ミュンヘン・レーテ共和国の教育・文化大臣としてレーテ革命をになったが、同年5月、反革命義勇軍によって虐殺された。

このページのトップへ