ホーム > 藤 あきら

藤 あきら

名前 藤 あきら
カナ フジ アキラ
 

プロフィール

 本名、内藤章。新潟県上越市(旧直江津市)生まれ。法政大学第2法学部卒、元朝日新聞記者。栃木、大館、静水、両津、鎌倉通信局長、郡山、北埼玉、所沢、上田支局長を経て上越支局に勤務。その間、精神病院における人権侵害の実態を暴いた「宇都宮病院事件」(宇都宮市)、池子の森を取り返そうという主婦らによる市民運動「米軍池子弾薬庫跡地返還運動」(神奈川県逗子市)などの取材に参加。  著書に『親鸞 越後の風景』(第7回新潟出版文化賞優秀賞 考古堂書店 2011年)。記事が収録されているものに『かながわ100人の肖像』(朝日新聞横浜支局編 有隣堂 1997年)『卒業アルバムから子どもの顔が消えた 検証・静岡の教育』(朝日新聞静岡支局編 二期出版 1989年)『じょうえつ春秋』1、2集(日刊上越新聞社 1982年)がある。  新潟親鸞学会会員、高田文化協会会員、元井上光晴文学伝習所「新潟文学」編集同人。

このページのトップへ

著作一覧

悲しみをこめて突撃せよ

悲しみをこめて突撃せよ

若者たちへの寓話

著者:藤 あきら
 
 

このページのトップへ