ホーム > 藤田 秀雄

藤田 秀雄

名前 藤田 秀雄
カナ フジタ ヒデオ
 

プロフィール

1931年東京に生まれる。1958年東京大学大学院人文科学研究科中退(必要単位修得)。大学院在学中、群馬県島村に住み、サークル活動をおこなう。1958~59年東大・スタンフォード大共同研究助手。1959年立正大学文学部専任講師となり、のち助教授、教授となる。2001年立正大学を定年退職。のち平和のための研究、平和のための各種運動に参加。 著書に『ベトナム戦争の基地・沖縄の叫び』(潮流出版社、1967年)、『学習権保障の国際的動向』(編著、東洋館出版、1975年)、『社会教育の歴史と課題』(学苑社、1979年)、『日本社会教育史』(共著、エイデル研究所、1984年)、『平和学習入門』(編著、国土社、1988年)、『大学の平和学習』(共編著、平和文化、1991年)、『ユネスコ学習権宣言と基本的人権』(編著、教育資料出版、2001年)、『戦争をなくすための平和教育』〔ベティ・リアドン、アリシア カベスード著〕(監訳、明石書店、2005年)など。

このページのトップへ

著作一覧

戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

少年のまなざしで綴る激動の二年。

 
 

このページのトップへ