ホーム > ジェイムズ ダグラス

ジェイムズ ダグラス

名前 ジェイムズ ダグラス
カナ ジェイムズ ダグラス
 

プロフィール

1936年生まれ。米国の平和運動家・カトリック神学者。サンタ・クララ大学を卒業後、ノートルダム大学で神学の修士号を得る。学生の反戦活動に参加し、ハワイ大学神学教授の職を辞し、1977年、妻シェリーと共にワシントン州バンゴーで「非暴力行動のためのグランド・ゼロ・センター」を創設、トライデント核ミサイルに対する抗議活動を開始する。1989年、アラバマ州バーミンガムで困窮者のための福祉施設「メアリー・ハウス」を開き、非暴力反戦・平和活動に加えて、困窮者への支援を開始する。米軍がイラクに進攻した2003年にクリスチャン・ピースメーカー・チームの一員としてイラクを訪問するなど、「敵」とみなされる人たちの目を通して考えるために、イラク、パレスチナなど中東を訪問している。本書以外に、『非暴力の十字架--革命と平和の神学』(The Non-Violent Cross—Theology of Revolution and Peace, 1968年、2006年)、『抵抗と観想—解放の方法』(1972年、2006年)、『東から西への稲妻—イエス、ガンジー、核時代』(Lightning East to West: Jesus, Gandhi and the Nuclear Age, 1980)、『ガンジーと語り得ないもの—最後の真実の実験』(Gandhi and the Unspeakable: His Final Experiment with Truth, 2012)などの著書がある。1997年、法王ヨハネの回勅『ペイチェム・イン・テリス—地上の平和』を記念する「ペイチェム・イン・テリス&自由賞」を受賞。

このページのトップへ