ホーム > 相互扶助再論

相互扶助再論

支え合う生命・助け合う社会

相互扶助再論

名著『相互扶助論』を、人間と社会のために、深化・発展させた関連論文を収録。

著者 ピョートル・クロポトキン
大窪 一志
ジャンル 人文・歴史 > 哲学・思想
出版年月日 2012/10/23
ISBN 9784886837325
判型・ページ数 B6・300ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 いま求められている倫理
 自然の道徳
 進化論と相互扶助
 アナキズムの道義

 初出一覧
 訳者解説・生命の秩序としての相互扶助
      ―クロポトキンの生命観と社会観 

このページのトップへ

内容説明

「君の知を、君の愛を、君の行動エネルギーを、広く、他者へ向かって拡張せよ!」(クロポトキン)

名著『相互扶助論』を、人間と社会のために、深化・発展させた関連論文「いま求められている倫理」「自然の道徳」を初訳、「進化論と相互扶助」「アナキズムの道義」を新訳し収録。

このページのトップへ

関連書籍

〈新装〉増補修訂版 相互扶助論

〈新装〉増補修訂版 相互扶助論

助け合う関係の歴史、共存の哲学。

 
自治-協同社会宣言

自治-協同社会宣言

鮮烈によみがえる100年前の呼びかけ!

 
 
倚りかからぬ思想

倚りかからぬ思想

著者最新の思索の跡をよむ。

著者:鈴木 正
 
 

このページのトップへ