ホーム > 和食ルネッサンス

和食ルネッサンス

「ご飯」で健康になろう

和食ルネッサンス
著者 奥田 和子
ジャンル 生活・環境・暮らし > 食・健康
出版年月日 2011/12/22
ISBN 9784886837127
判型・ページ数 A5・122ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 「ご飯」と「おかず」の2本柱
第2章 「ご飯」にまつわる食文化の歴史
第3章 小麦が米に取って変わったわけ
第4章 副食・おかず
第5章 「日本人好み」への変貌
第6章 ごはんを食べる時間・回数
第7章 和食のメリット
第8章 食べる順番とは何であるか
第9章 日本の携帯食・保存食
第10章 冠婚葬祭の食文化
第11章 現在の日本の食の問題点
第12章 世界を視野に入れて食す

このページのトップへ

内容説明

お米を食べよう!
近年の肥満、生活習慣病の増加は、日本の食習慣の大きな変貌にある!
「ご飯」=「米」は脂質は0に近く、塩分はなしでダイエット食そのもの。長年培った伝統的な知恵をないがしろにせず、輸入品に頼らない日本の風土に合う食べ物への回帰を提案する。

「食べているのは日本の風土が育んだ自給の食べ物ですか?
 私たちが最も自給しやすいお米ですか?
 日本の畑で採れた野菜ですか?
 TPPが話題になっている。近所づきあいもいいけれど、自分の国の食べ物は自分たちで準備しようではありませんか。輸入品ばかりでまかなえるはずはない」(「はじめに」より)

このページのトップへ

関連書籍

本気で取り組む災害食

本気で取り組む災害食

「災害食」推進へ本気の提言

著者:奥田 和子
 
箸の作法
 
 

このページのトップへ