ホーム > アンナのポ-ランド「連帯」

アンナのポ-ランド「連帯」

裏切りと真実

アンナのポ-ランド「連帯」

知られざる「連帯」秘史、ここに日本語訳発刊!

著者 スワヴォミ-ル・ツェンツキェヴィッチ
吉野 好子
松崎 由美子
ジャンル 海外事情 > ヨーロッパ
出版年月日 2012/02/24
ISBN 9784886837110
判型・ページ数 B6・410ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 母のやさしい抱擁を知らない
    リヴネからグダンスクへ(一九二九年~一九五〇年)
第二章 何かがおかしい!
    労働者たちを守るために(一九五一年~一九七七年)
第三章 「アンナ・ヴァレンティノヴィッチです」
    バルト海沿岸地域自由労働組合(一九七八年~一九八〇年)
第四章 私はポーランドの変革のきっかけとなった人間
    「連帯」の母(一九八〇年八月十四~三一日)
第五章 ヤツェク・クーロンは私の家で暮らしていた
    「連帯」の誕生(一九八〇年九月一日~十七日)
第六章 連帯は後には引かない
     「連帯の象徴」は面倒な女だ(一九八〇年~一九八一年)
第七章 他の道などない
  迫害とヒロイズム(一九八二年~一九八四年)
第八章 今敵と手を結んではならない
    理想を守る闘い(一九八五年~一九九〇年)
第九章 自主独立を求めての闘いは続く
    未完成な過去(一九九一年~二〇一〇年)

このページのトップへ

内容説明

知られざる「連帯」秘史、ここに日本語訳発刊!
秘密警察の陰謀・挑発・誘惑・欺瞞が渦巻くなか、
グダンスク造船所労働者のひとりとして、
果敢に闘った「連帯の母」アンナ・ヴァレンティノヴィッチの生涯。

このページのトップへ