ホーム > フィデル・カストロの「思索」

フィデル・カストロの「思索」

人類の経験を背負う人

フィデル・カストロの「思索」
著者 田中 三郎
ジャンル 海外事情 > 中南米
出版年月日 2011/09/09
ISBN 9784886837059
判型・ページ数 B6・275ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 正義を激流の如く奔流せしめよ
第1章 人類の経験を背負う「思索」の人
第2章 私が体験したフィデル・カストロとキューバ
第3章 フィデル・カストロが語るキューバ革命の精神
第4章 平和を追い求めるフィデル・カストロ
第5章 現代文明の危機を告発する単独の人、フィデル・カストロ
第6章 キューバ革命五〇周年を迎えたフィデル・カストロ
第7章 日本が育て、持つべきはモラル・ミサイル――核問題の随想
第8章 ハイティと世界が必要とするのはヒューマニズムの使徒
    ――ハイティ大地震に想うこと
第9章 果樹の花々の咲くロンドンの春
    ――シモーヌ・ヴェイユの贈りもの
第10章 人類の将来を示顕する人
     ――人類の未来回復のための革命プレリュード

このページのトップへ

内容説明

「人類の将来は人間に代わるロボット、
 あるいはロボットに変化した人間にゆだねるべきではない」
 核戦争、食糧危機、大災害、文明の危機――
 絶滅に瀕する世界に「変革の闘い」と
「希望を放棄しない神聖な義務」を訴え続けるフィデル・カストロ。
 大病から復活し、地にありて天にある如く執筆するカストロの「思索」とは。

党機関紙「グランマ」に掲載されたカストロの「思索」の言葉の数々を、
註キューバ大使としてカストロを間近に見た著者が紹介する。
本当のカストロ像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

キューバ医療の現場を見る

キューバ医療の現場を見る

世界から注目されるキューバ医療とは?

 
 

このページのトップへ