ホーム > 開かれた学校づくりの実践と理論

開かれた学校づくりの実践と理論

全国交流集会一〇年の歩みをふりかえる

開かれた学校づくりの実践と理論

参加と共同の学校づくり 10年の成果をここに収録!

著者 浦野 東洋一
神山 正弘
三上 昭彦
ジャンル 政治・経済・教育 > 教育学・教育行政
出版年月日 2010/11/30
ISBN 9784886836885
判型・ページ数 B6・257ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 「開かれた学校づくり」全国交流集会の一〇年をふりかえって
    浦野東洋一(帝京大学)
第一章 「開かれた学校づくり」一〇年
  【記念講演】子どもという希望――土佐の教育改革と私
        大崎博澄(元高知県教育長)
  ・大崎さんが提起したこと 神山正弘(帝京平成大学)

  【実践研究報告】
    辰野高校の「フォーラム」「三者協議会」による民主的学校づくり
    宮下与兵衛(長野県赤穂高校教諭・東大院生)
  【実践研究報告】
    学校評価と開かれた学校づくり 小池由美子(埼玉県立草加東高校)
    ・小池レポートが問いかけるもの 勝野正章(東京大学)

第二章 開かれた学校づくり・参加と共同の学校づくり――その到達点
  北海道における到達点と富良野高校の取り組み 松代峰明(北海道富良野高等学校)
  開かれた学校づくり 東山邦夫(和歌山県立和歌山高等学校)
  埼玉県の学校評価懇話会 細野隆彦(埼玉県立岩槻高等学校)
  長野県岡谷東高校でのPTS協議会と「ひろがれわたし」の取り組み
池上 宏(長野県松本県ヶ丘高校)
  生徒が元気に学校づくりへ参加 金子広志(大東学園高等学校校長)
  生徒の否定的状況に負けていた授業 夏原常明(彦根西高校)
  【解説―レポートから学ぶ】浦野東洋一

第三章 開かれた学校づくり・参加と共同の学校づくり――その展望
  開かれた学校づくりの社会・政治的文脈 神山正弘
  学校づくりと国民の教育権 堀尾輝久(東京大学名誉教授)
  【解説―諸レポートから学ぶ】中田康彦(一橋大学)

第四章 資料編  作成:宮盛邦友(北海道大学)
 1、「開かれた学校づくり全国交流集会」全一〇回のプログラム
 2、学校改革の主要関連法令など
 3、学校改革の主要参考文献一覧

このページのトップへ