ホーム > 「在日」との対話

「在日」との対話

「在日」との対話
著者 玄 善允
ジャンル 社会 > 在日
出版年月日 2008/07/01
ISBN 9784886836281
判型・ページ数 B6・244ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 「在日小説」なるものについて
第二章 関川夏央の「在日小説」なるもの
第三章 李良枝の『由煕』評価をめぐって
第四章 在日朝鮮人は「在日文学」を読まないという説について
第五章 在日朝鮮人は日本人になるべきか
第六章 偉くなった物書き、あるいは民族主義について
第七章 「在日」内部へ
第八章 帰化

このページのトップへ

内容説明

自己との対話、他者との対話を重ねながら、
「在日」の心のカタチをさぐる。
「帰化=幸福」論(関川夏央)の先に何がある?

このページのトップへ

関連書籍

人生の同伴者

人生の同伴者

在日一世の父母、彼らの子どもの視点で描く

著者:玄 善允
 
島の反乱、一九四八年四月三日

島の反乱、一九四八年四月三日

四・三事件をめぐるもう一つの「真相」

著者:玄 善允
玄 吉彦
 
 

このページのトップへ