ホーム > 北極探検と開発の歴史

北極探検と開発の歴史

北極探検と開発の歴史
著者 クライブ・ホランド
太田 昌秀
ジャンル 海外事情
生活・環境・暮らし > 環境問題
出版年月日 2013/03/01
ISBN 9784886837387
判型・ページ数 B6変・212ページ
定価 本体5,715円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

1.仕様
箱(縦194 mm 横139 mm 背幅36 mm)入り
内容:
①北極探検と開発の歴史ダイジェスト版(書籍)
②北極探検と開発の歴史完全版(CD;CDケース付)
③北極圏地図帳

「この本はケンブリッジ大学スコット極地研究所(SPRI)のClive Holland氏が1994年に出版したArctic Exploration and Development, c.500b.c. to 1915: An Encyclopedia (Garland Publishing Inc. New York & London)の全訳で、彼の生涯の大作である。私は出版された年に彼に会った。原著はA4判704頁もの大冊で、日本の読者の便宜を考えて1/10のダイジェスト版を200頁の本仕様にし、全訳文はCDに収めて扱い易くした。
訳者はノルウェー極地研究所(NorskPolarinstitutt)に約40年間、地質学者として勤めた。その中で常に感じていたのは、日本は北半球にあるにも関わらず人々は、私も含めて、西欧人と比べると北極圏への関心が低く、知識も少ない、ということであった。北極圏の氷が解けた大陸棚には、地球上の未確認燃料資源の約40%があると推定されている。この海域の開発の歴史をきちんと知っておくことはとても大切である」
(訳者「まえがき」より)

このページのトップへ