ホーム > 悲しみをこめて突撃せよ

悲しみをこめて突撃せよ

悲しみをこめて突撃せよ

革命は革命されたのか――。40年の時を越えて甦る全共闘運動の熱い魂。

著者 藤 あきら
ジャンル 文芸 > 文学・エッセイ
出版年月日 2013/06/10
ISBN 9784886837455
判型・ページ数 新書・340ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 星空のコンサート
 1 星空のコンサート
 2 美しい魂たち

第二章 人民の学校
 1 海の見える学校
 2 高原の訓練キャンプ

第三章 おじいさんの告白
 1 おじいさんとの再会
 2 長い長い告白
 3 永遠ほど続く審問

第四章 それぞれの思い
 1 「少年英雄」の決意
 2 宿営地の朝

第五章 高原の光のなかで
 1 丘の軍事訓練
 2 へんてこな手紙

第六章 革命が見捨てるもの、抱きしめるもの
 1 武君と詩人との哲学的論争
 2 詩人の告白
第七章 愛をめぐる論争
 1 抱きすくめても届かない
 2 「愛」をめぐる夢想
 3 あなたたちは二人ともお馬鹿さん
断章  終末への予感 メモから


 解題にかえて 架橋する夢の行方
 あとがき

このページのトップへ

内容説明

革命は革命されたのか――。40年の時を越えて甦る全共闘運動の熱い魂。

「みんな仲良く生きましょう。手をとってダンスをするように。……そしてこの世の正しいことのために、勇気を持って、やさしい心で、立ち向かってゆける人になりましょう」(本文「第四章 それぞれの思い」から)

「激しく、激しく、あたしはみんなを愛しています。たったひとりの子供のためにでも、あたしは永遠とだって戦えるわ! 全世界の絶望とだって戦えるわ!」(本文「第七章 愛をめぐる論争」から)

若者たちへの寓話

このページのトップへ