ホーム > 青木進々 アウシュヴィッツを伝える一篇の詩

青木進々 アウシュヴィッツを伝える一篇の詩

青木進々 アウシュヴィッツを伝える一篇の詩

「戦争や人権問題に無関心や無知であることは敵である」アウシュヴィッツを心に刻み伝えた実践の記録。

著者 山田 正行
田中 賢作
青木 進々
ジャンル 人文・歴史 > 歴史認識
出版年月日 2013/07/05
ISBN 9784886837486
判型・ページ数 A5・102ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 青木進々とは何者か?   山田正行

青木進々――アウシュヴィッツを伝える一篇の詩
  子どもの目に映った戦争――第二次大戦下のポーランドの子どもの絵
  アウシュヴィッツに続くもの(芦屋展)
  アウシュヴィッツと現代(高崎展)
  アウシュヴィッツ~子どもたちへ
  あいさつ(下関展)
  感想文集発行によせて(本庄展)
  感想文集発刊によせて(弘前展)
  ボランティアのみなさんへ(青森県南展)
  全国事務局より 報告集の発行によせて(仙台展)

 青木進々氏の「創造する意志」による生き方
 ――デザイナーから平和運動家への変身  田中賢作

このページのトップへ

内容説明

 

青木進々没後10年余。
次の世代のためにアウシュヴィッツの蛮行を「心に刻み」伝えた彼の実践は現在にこそ求められるのではないか。
 
「戦争や人権問題に無関心や無知であることは敵である。
 
完成された管理社会の中で、私たちはゆるやかにジェノサイドの方向にまとめられているのではないだろうか。或いは、無意識の内に次の世代の命に攻撃を加えるような加害者の側に立っているのではないだろうか。アウシュヴィッツの持つ意味はさまざまな問題を私たちに問いかける」(青木進々)
 
〈アドルノは、「アウシュヴィッツ以後」、教育への「最優先の要請」はアウシュヴィッツを繰り返すなということであり、その領域としては「幼年時代初期」における教育と一般的な啓蒙(啓蒙の弁証法)であると提起した。そして、これを青木さんは日本で実践したのである〉(本文「青木進々とは何者か?」より)

このページのトップへ

関連書籍

「わだつみのこえ」に耳を澄ます

「わだつみのこえ」に耳を澄ます

五十嵐顕の教育実践を心に刻み、伝えること

著者:山田 正行
 
戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

少年のまなざしで綴る激動の二年。

 
 

このページのトップへ