ホーム > 現代政治と立憲主義

現代政治と立憲主義 民主主義教育21 Vol.8

憲法教育の実践へ

目次

■巻頭論文
 憲法学と憲法教育をつなぐもの
  ――憲法教育における「教育的再構成」の問題
 吉田俊弘

■特集1 現代政治と憲法教育とは
 記念講演 二一世紀の地域分散ネットワーク社会を創ろう
       ――地域経済を支えるエネルギー・社会保障
       金子 勝

 講演 集団的自衛権を拒否し、憲法九条の軍事戦略で平和を構想する
    松竹伸幸

 現代憲法状況と憲法教育への視点
   ――樋口陽一・東京大学名誉教授(憲法学)インタビュー

 憲法教育・法教育の課題と全民研
 渡邊 弘

 現代の課題にこたえる平和教育が求められている
 桑山俊昭

 オスプレイと憲法教育
 山本政俊

 今こそ、憲法尊重・中立の憲法教育を
 池田考司

 「憲法」を学ぶ市民たちと
 吉田 豊

 ブラック企業って何?
  ――身近なブラックから考える労働の授業
 松崎康裕

 憲法二五条「生存権」と新自由主義
 福田秀志

■3・11と授業づくり
 講演 原発災害と地域再生の道
    清水修二

 講演 おたがいさまセンターから見えてきたこと
  ――福島最大の避難所「ビックパレット」での取り組み」
 天野和彦

 震災後、「政治教育」を問い直すために
  ――岩手三陸沿岸の被災とその後から考える
 土屋直人

 「フクシマに向きあう青春」
 山下正寿

 浪江町望観記
 青木茂雄

■全国民主主義教育研究会第四四回福島大会
 基調報告 全民研らしい「闘う憲法教育」のための実践を
      山﨑裕康
 大会レポート

■研究のひろば
 竹内常一『教育のしごと』から見えること
 若菜俊文

 高校生と論文指導
  ――文科省の「言語活動の充実」とは何か
 荒 雄二

 「未成年“模擬”選挙」の一〇年 その意義と課題
 林 大介

 高校生徒会、全国的連携の動きが始まる
  ――二〇一三年三月全国高校生徒会大会開催の経緯と意義
 杉浦正和

 “母校”での教育実習で考えたこと
  勝見公紀

●書評
●編集後記

このページのトップへ

内容説明

樋口陽一インタビュー
現代憲法状況と憲法教育への視点

二一世紀の地域分散ネットワーク社会を創ろう
 ――地域経済を支えるエネルギー・社会保障
金子 勝

集団的自衛権を拒否し、憲法九条の軍事戦略で平和を構想する
松竹伸幸

このページのトップへ