ホーム > 抜粋集 一労働者の政治哲学

抜粋集 一労働者の政治哲学  新刊

民主主義の危機をどう捉えたか

抜粋集 一労働者の政治哲学

500余の抜粋から、戦争体験に根差した民主主義への希望を次代に伝える試み。

著者 豊福 良一
ジャンル 人文・歴史 > 哲学・思想
出版年月日 2015/01/30
ISBN 9784886837738
判型・ページ数 A5・400ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次


はしがき――言わぬ事は聞こえぬ

第一章 政治宣伝の威力
【1】隠される真実、歪められる真実
【2】宣伝の特徴と政治感覚
【3】政治宣伝の技術

第二章 「第三帝国」に見るプロパガンダの破壊力
【1】アドルフ・ヒトラーの台頭
【2】政治宣伝の威力の諸相
【3】ナチス侵略政策の進行
【4】テロの破壊力
【5】占領による破壊力

第三章 情報──戦略と戦術
【1】言葉、心理、演説
【2】情報、情報操作全般
【3】情報、情報機関など
【4】情報の隠蔽、隠滅

第四章 民主主義の虚実
【1】民主主義という意味
【2】民主主義とその脆弱性
【3】民主主義破壊の代償

第五章 戦後七〇年の「いま」に語りかけるもの
【1】瀕死の民主主義
【2】戦争は語り継がれるか
【3】戦争は語り継がれるか(2)
【4】戦後日本とナチス・ドイツの経験
【5】歴史が問いかける「民主主義」

引用・参考文献一覧
あとがき

このページのトップへ

内容説明

戦後70年――
ナチス・ドイツの経験から汲み上げるべきものと、
現代日本の政治危機から考えること。
500余の抜粋(文献、記録、証言)から、
戦争体験に根差した民主主義への希望を次代に伝える試み。

正誤表『抜粋集 一労働者の政治哲学』

『抜粋集 一労働者の政治哲学』において下記の誤記と訂正がありました。
謹んで訂正いたします。
2015年5月12日 同時代社編集部

11頁17行目
(誤)「民主主義なき民主主義」の悲劇が~
(正)「民主主義者なき民主主義」の悲劇が~

119頁17行目
(誤)〈ドイツ少年団〉進級し、~
(正)〈ドイツ少年団〉に進級し、~

189頁3行目
(誤)母親が貨車から飛び降りて~
(正)「母親が貨車から飛び降りて~

222頁12行目
(誤)地図から消されることだろう」。~
(正)地図から消されることだろう。~

このページのトップへ

関連書籍

戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

戦中戦後 少年の日記 一九四四~四五年

少年のまなざしで綴る激動の二年。

 
 

このページのトップへ