ホーム > 秩父鉱山

秩父鉱山  新刊

写真と証言でよみがえる

秩父鉱山

秩父鉱山――かつて奥秩父の更に奥、両神山の裏側に大都市があった。貴重な写真・資料を多数収録。

著者 黒沢 和義
ジャンル 人文・歴史
社会 > 社会問題
生活・環境・暮らし > 暮らし
出版年月日 2015/11/20
ISBN 9784886837905
判型・ページ数 A5・372ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

秩父鉱山、
かつて奥秩父の更に奥、両神山の裏側に大都市があった。

中津峡谷の四十八瀬を越え、屏風のような岩が連なる谷底の細道を登り詰めた小倉沢地区。
河原沢からは八丁峠で、群馬からは赤岩峠や雁掛峠を越えるしか行く道はなかった。
そこに、最盛期には三千人を超える人が住んでいた鉱山街があった。秩父鉱山だ。
一キロほどの狭隘な谷に石垣を巡らせ、家々が折り重なるように建っていた。
そこに住む人々は、山奥とは思えない文化的な生活をしていたという。
奥秩父の桃源郷だった鉱山街。昭和三十年代の様子を、写真と証言で再現した。

貴重な写真・資料を多数収録

〈主な内容〉
 ◎秩父鉱山の生い立ち
 ◎秩父鉱山の鉱物
 ◎鉱山街の記録写真 昭和三十五年から四十年にかけて
 ◎秩父鉱山の建物配置図
 ◎鉱員の住む社宅の間取り
 ◎秩父鉱山の記憶 様々な人の証言集
 ◎秩父鉱山の歴史
 ◎秩父鉱山の沿革
 ◎武蔵国秩父狩掛澤鉱山図
 ◎漫画 江戸時代の秩父鉱山
 ◎昭和十六年、秩父鉱山俯瞰図
 ◎鉱山案内 昭和三十八年四月
 ◎昭和三十八年の鉱山概要
 ◎カンテラ学級
 ◎小倉沢小中学校校歌・楽譜
 ◎秩父鉱山音頭 振り付け図

このページのトップへ

関連書籍

続・秩父鉱山

続・秩父鉱山

秩父鉱山の暮らしを証言と写真で再現。

著者:黒沢 和義
 
山里の記憶5

山里の記憶5

「山里の記憶」シリーズ第5巻。

著者:黒沢 和義
 
 
山里の記憶 4

山里の記憶 4

山里の笑顔と味と技を記録した三十五の物語

著者:黒沢 和義
 
山里の記憶

山里の記憶 3

お年寄りの笑顔にほっこりとした読後感を。

著者:黒沢 和義 絵と文
 
 
面影画

面影画

3・11を悼む。

著者:黒沢 和義 絵・文
 
山里の記憶 1
 
 
山里の記憶 2
 
 

このページのトップへ