ホーム > 佐藤信英全歌集 あなたへ

佐藤信英全歌集 あなたへ  新刊

佐藤信英全歌集 あなたへ
著者 佐藤 栄子
佐藤 信英
ジャンル 文芸
出版年月日 2016/11/07
ISBN 9784886838056
判型・ページ数 A5・854ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

歌集に寄せて 歌に託し結核と共に生きた医師の生涯
       工藤翔二(公益財団法人結核予防会理事長)

 序文

 まえがき
  ・入院の日
  ・結核発病・診断
  ・入院生活
  ・療養仲間
  ・退院・病変の憎悪
  ・斎木拙児さんからの手紙――俳句から短歌へ
  ・友人・山田正篤氏のこと
  ・歌評「信英の歌について」山田正篤
  ・「病牀雑詠抄」


第一部 結核の病勢がまだおだやかに進行している
    一九四三(昭和十八)年六月~一九四六(昭和二十一)年九月八日

  その一 結核療養所から帰り自宅療養が始まる――俳句から短歌へ
一九四三(昭和十八)年六月~一九四四(昭和十九)年十二月

その二 病床に就き二年――戦い激しくなる
一九四五(昭和二十)年一月~六月二十四日

  その三 微熱がつづき喀血がはじまる前まで――避難・敗戦
      一九四五(昭和二十)年七月~一九四六(昭和二十一)年九月八日


第二部 激しい喀血がつづく
一九四六(昭和二十一)年九月十九日~一九四九(昭和二十四)年十二月

  その一 喀血はじまる――吐きし血潮泡立つ
      一九四六(昭和二十一)年九月十九日~一九四七(昭和二十二)年十二月

  その二 激しい喀血――悲しみは限りなくして
      一九四八(昭和二十三)年一月~一九四九(昭和二十四)年十二月


第三部 癒える兆し――抗結核剤の使用
一九五〇(昭和二十五)年一月~一九五六(昭和三十一)年十二月

  その一 床ずれが痛む――はじめてストマイ十本を打つ
一九五〇(昭和二十五)年一月~一九五一(昭和二十六)年十二月

  その二 這って縁側に出る/庭に立つ/庭を歩く――ストマイ四十本を打つ
      一九五二(昭和二十七)年一月~一九五四(昭和二十九)年十二月

  その三 街を歩む/生きて明るき日々にあいたし――ストマイ二十本を打つ
一九五五(昭和三十)年一月~一九五六(昭和三十一)年十二月


第四部 将来への模索と展望
  一九五七(昭和三十二)年一月~一九六二(昭和三十七)年五月

  その一 将来への模索/霧の中を歩むがごとし
      一九五七(昭和三十二)年一月~一九五八(昭和三十三)年十二月

  その二 大学医学部の受験を決心
      一九五九(昭和三十四)年一月~一九六〇(昭和三十五)年十二月

  その三 東京医科歯科大学医学部に入学
      一九六一(昭和三十六)年一月~一九六二(昭和三十七)年五月


第五部 医師として妻と歩む
    一九六七(昭和四十二)年三月~二〇〇九(平成二十一)年八月

  その一 医学部を卒業し医局員として勤務を始めてから
      一九六七(昭和四十二)年三月~一九七〇(昭和四十五)年一月

  その二 母死亡。東京逓信病院呼吸器科に勤務。そして結婚
      一九七〇(昭和四十五)年二月~一九七八(昭和五十三)年六月

  その三 大田病院呼吸器科に勤務
      一九七八(昭和五十三)年七月~一九九二(平成四)年六月

  その四 妻と旅行
      一九九二(平成四)年七月~一九九五(平成七)年八月

  その五 新幹線車窓
      一九九五(平成七)年九月~一九九七(平成九)年六月

  その六 サルモネラ感染・腸閉塞
      一九九七年(平成九年)七月~一九九九年(平成十一年)一月

  その七 在宅酸素とNIPPV開始
      一九九九年(平成十一年)二月~二〇〇九(平成二十一)年八月


 編者あとがき

このページのトップへ