ホーム > 孤立・無縁・格差・貧困と向き合う 現代の理論2018冬号

孤立・無縁・格差・貧困と向き合う 現代の理論2018冬号

孤立・無縁・格差・貧困と向き合う 現代の理論2018冬号

特集1 地域の可能性を積み上げる―社会変革の探究  特集2 明治維新から150年 日本の近代を問い直す

著者 NPO現代の理論・社会フォーラム
ジャンル 政治・経済・教育
社会
シリーズ 現代の理論
出版年月日 2018/01/15
ISBN 9784886838322
判型・ページ数 A5
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

特集1 地域の可能性を積み上げる―社会変革の探究
自治会町内会(コミュニティ)問題解決型実行委員会 澤井 勝(奈良女子大学名誉教授)
部落解放同盟各支部への伴走型支援機関の事業活動を 大北規句雄(部落解放同盟大阪府連合会副委員長・(株)HRCコンサルティング社長)
街づくり夢基金活動に参加して 現場では論より実践森住明弘(NPO法人大阪ごみを考える会)
視点を変えると見えてきたこと子ども食堂は居心地のよい親子サロンで可 阪野恵以子(子ども食堂運営代表)

認定NPO記念シンポジウム「民主主義とポピュリズムは、いま」 
進藤 兵(都留文科大学教授)
小野 一(工学院大学教授)
木下 ちがや(明治学院大学国際平和研究所研究員)

市民連合・中野晃一さんに聞く 総選挙結果と政治の展望 改憲勢力80%でも改憲発議は? 立憲民主党は新しい政党モデルを

特集2 明治維新から150年 日本の近代を問い直す 
戦前の闘う憲政の歴史復活専制政治か立憲か―民主主義再生 小林正弥(千葉大学教授)
明治期伝統が「発明」され、普及した失われた徳川日本のことばと表現の多様性 小林ふみ子(法政大学教授)
沖縄にとって150年とは 植民地「沖縄」の歳月 日本(本土)にとっては領域の拡大と縮小の歴史 後田多 敦(神奈川大学准教授)
明治の再評価論争が話題に大陸侵略の「鬼胎」論を問い直す時代へ 古川純(本誌編集委員)

連載
口誅筆伐  鎌田慧(ルポライター)
デス記者日記  南彰(朝日新聞記者)
話題の文学  尾張はじめ(「葦牙」の会)
沖縄八重山ウオッチ 小林 武(沖縄大学客員教授)
エッセイ  加田斎(日大芸術学部非常勤講師)
映画への誘い  木村結(東電株主代表訴訟事務局長)
歴史遊学  松延康隆(歴史研究者)
レキオからの便り 河合 民子(作家)
メディアウオッチ  柴田鉄治(ジャーナリスト)
世界ウオッチ  大畑龍次(朝鮮問題研究者)
経済動向を読む  小林良暢(グローバル産業雇用総合研究所所長)

このページのトップへ