ホーム > お知らせ > 「月刊労働組合」(16年2月号)で『日本で初めて労働組合をつくった男』書評掲載

「月刊労働組合」(16年2月号)で『日本で初めて労働組合をつくった男』書評掲載

「月刊労働組合」(2016年2月号)に『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』の書評が掲載されました。

評者は原 均氏です。

「……日本で最初の労働組合と最初のストライキはなにかと言えば諸説あるが、ほとんど『一発屋』で、問題が過ぎれば雲散霧消している。城の偉業は、労働組合を自立した組織として結成・運営し、当面の課題だけでなく、さまざまな労働者の要求に応えてきたことにある。……」

このページのトップへ