ホーム > お知らせ > 『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』書評掲載

『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』書評掲載

『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』(牧民雄/著)の書評が掲載されました。

「大阪春秋」(2016年夏号 163号)

「生前著作をほとんど残さなかった故に、歴史の中に埋もれかけていた人物を発掘、世に問うた著者の功績は大きい。巻末の年譜・資料なども充実していて、近代日本の労働史を研究するものにとって、本書は欠くべからざる一冊であろう」

このページのトップへ