ホーム > お知らせ > 『大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾』の書評が「沖縄タイムス」に掲載

『大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾』の書評が「沖縄タイムス」に掲載

『大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾』(又吉盛清 著)の書評が「沖縄タイムス」(2018年2月18日付)に掲載されました。

帝国周辺の集合的記憶をたどって


評者:黄英哲氏(愛知大学国際問題研究所長) 
〈…琉球国は日本帝国主義国家に併合されて「沖縄県」となり、強圧的な「同化教育」と、「皇民化政策」の中で「日本人化」して侵略戦争と植民地支配の先兵となって、アジアの民衆に敵対し、被害者から加害者に転落してしまった…〉

このページのトップへ

関連書籍

大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾

大日本帝国植民地下の琉球沖縄と台湾

台湾植民地支配と琉球沖縄人の役割とは

著者:又吉 盛清
 
 

このページのトップへ